フリーダイヤル 0120-790-936
受付時間 : 月~金 9:30~18:00

オフィスレイアウトを工夫して仕事効率をアップする方法とは?

「現在のオフィスが手狭になった」「オフィスビルの契約が切れる」「環境を変えたい」など、オフィス移転をお考えの方必見です。

オフィスレイアウトを工夫することで、仕事効率をアップすることができるのをご存知ですか?

オフィスのレイアウトに失敗すると、無駄な動作が増えてしまったり、集中力を欠いてしまい、仕事の効率が落ちてしまいます。
オフィス移転の際には、仕事効率が上がるレイアウト作りを行うことをおすすめします。

オフィス移転でレイアウトを考える際に気をつけることとは?

オフィス移転をする際のレイアウトを考える場合に、まず最初にすることは「ゾーニング」です。

ゾーニングとは、空間をテーマや用途に分けて考えることをいいます。動線を考えたり、空間の面積の検討などを行います。
具体的には、デスクやキャビネットなどが並ぶ執務室・ミーティングや接客スペースとなる会議室や応接室などに空間を分けたり、執務室・役員室・倉庫などに分けたりすることです。
ゾーニングを失敗すると、無駄な空間が出来てしまったり動線が混乱してしまったりと仕事効率が下がってしまいます。
ゾーニングをする際には、コンセプトを明確にすることが重要です。

例えば、デスクワークが多く在席している時間が長い場合には、「集中できる空間」をコンセプトとし座席スペースを広く取り中心に配置する。
逆に、離席して移動することが多い職種の場合には「アクティブ」をコンセプトとし、動きやすいように動線を考えたり、通路を広く取るなどポイントを押さえることで仕事効率は上がります。

座席配置によるメリットを考えて仕事効率を上げる

オフィス移転先のレイアウトを決める際には、デスクのレイアウトをどのような形にするのかによって仕事効率が変わってきます。

▼島型対面方式に配置した場合
部署ごとに島型に配置する形が最も一般的な形です。コミュニケーションが取りやすく、同じ仕事をしている場合には最も仕事効率が良い形です。

▼1人集中型に配置した場合
デスクの周りにパーティションやパネルなどで囲いを作り個人の空間を作る形です。1人で作業をする業務に適しており、集中力を高めることが出来るためプログラマーやクリエイターなどの職種にはこの形が適しています。
周りにあまり気を使う事なく、自分の作業がしやすい環境を作ることが出来るでしょう。

その他、フリーアドレス型と言って個人の固定デスクを無くすという形があります。空いている席を自由に選んで仕事をします。
在席する人が少なく、全員分の座席を用意する必要のない場合には、無駄なスペースを無くすことが出来てスペースの効率化を図ることが可能です。
部署にとらわれることなく、他部署の人との交流が出来る点でコミュニケーションを増やし、仕事の効率化を図ることができるでしょう。

収納スペースやリフレッシュスペースの設置

収納スペースを工夫することで仕事効率をアップすることに繋がります。
オフィス移転をする際に収納スペースは、使いやすさを考えて配置することが最も重要と言えます。

今まで使っていたオフィスでの問題点を無くしたり、使用頻度の高い書類はキャビネットなど収納家具の使いやすい高さの引き出しに入れ、使う人の近くに設置することが最も良いでしょう。
また、情報漏えいの防止のため、セキュリティ面も重要視しなければなりません。使いやすい配置とセキュリティ機能付の収納用品の導入で仕事効率を上げることが可能です。

そして、業務中の適度な気分転換も仕事を効率化するためには必要です。
オフィス移転をする際にはリフレッシュスペースを設け、コーヒーサーバーや自動販売機などと共にテーブルと椅子やソファーなどが設置された場所があると良いでしょう。適度な休憩をとることによって仕事効率を上げることが出来ます。
清潔でリラックスできる空間で休息を取り、また作業を再開するといった、オンとオフの切り替えを上手にすることが、仕事効率アップに繋がるのです。

レイアウトを見直して快適な職場環境を作る

オフィス移転をする際、新オフィスのレイアウトのポイントを「作業効率を上げる」ことに重点を置くことで、従業員が快適に仕事をすることが出来るようになります。

最初に行うゾーニングの時点でコンセプトを明確にし、使いやすいオフィスを作り上げましょう。また、レイアウト作成の際には、部署ごとの作業効率を考えたデスクの配置や収納スペースの確保、什器や収納の補充も合わせてプランニングしておくことをおすすめします。

オフィス移転を専門業者に依頼する際には、レイアウト作成の打ち合わせの際に、作業効率の良いレイアウトになるように依頼しましょう。
プロのオフィスデザイナーは、数多くのプランや事例がありますから、要望をしっかりとオリエンテーションをすることで理想のレイアウトを一緒に作っていきましょう。

オフィス移転は、今までのオフィスでの問題点を確認し、改善する良いチャンスです。移転先の新しいオフィスでは、ワークスタイルに合った空間作りで仕事効率をアップさせて快適な職場環境を作りましょう。

賃貸オフィス探しでお困りですか?

フリーダイアル 0120-790-936

オフィス物件探しの専門スタッフがお手伝いします。

検索キーワードを入力してください。

エリアを選択してください。

駅を選択してください。

選択できる駅は20件までです